外国人技術者を導入した場合のメリット

日本国内にいる優秀な技術者や外国からのハイレベルな技術者を受け入れることが可能です。

組織体制

組織体制は、OJTにて教育された外国人技術者を配置することにより、作業者(技能実習生など)の教育や作業管理・品質管理・労務管理まで統制できる組織づくりが可能です。

生産遂行

外国人技術者とのやり取りは日本語ですので、言葉の壁を気にすることなく生産遂行が可能です。

外国人技術者が、生産遂行に必要な情報を分析し、遂行率が100%になる施策を実施して生産ライン上の問題などを提起します。

改善提案

お客様から求められる稼働率や能率に達するための改善提案や、品質改善などの様々な改善に取り組みます。

ベトナム人機械技術者を導入した場合の実習生への影響

作業円滑化

母国語での意思疎通が可能であるため、細やかな作業まで指示・確認が行え作業が円滑化するとともに生産効率と品質面の向上を図ることができます。

組織活性化

日本語が不自由な実習生に対して、的確なフォローが行えます。

安心して質問・疑問をあげられるため、作業へのモチベーションが向上します。

精神安定化

日常生活や会社における生活観やモラル感の違いをフォローできるため、精神面での安定化が図られます。

技術浸透化

Plan⇒Do⇒Check⇒Action(P.D.C.A)を繰り返しながら、OJTを通して浸透させていきます。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

06-6713-6159

受付時間: 10:00~17:00(土日祝を除く)