技術者派遣・技能実習生受け入れのことなら、ベトナム人財ネットにお任せください。

CM(コンストラクション・マネジメント)とは?


CM(コンストラクション・マネジメント)とは、
プロジェクトの工期遅延、
予算超過などを防止するため、
発注者、設計者と一体となって
プロジェクトの全般を運営管理する方式です。

従来のシステム

従来は、一括発注方式が多用されており、施工に関するマネジメント業務は主に元請業者(総合工事業者)が担ってきました。発注者と工事専門業者が間接的な契約関係になります。建築主が自ら設計会社を選定します。設計会社が作成した図面を確認します。設計図面が完成した後には、見積書の確認、価格交渉、契約書の内容確認をします。
見積を査定する専門者がいないため、建築請負会社主導で決定したコストになります。

CMシステム

CMシステムは、建築設計の段階から、素人である建築主に代わってコンストラクション・マネジャーがプロジェクトを統括・運営するシステムです。コンストラクション・マネジャーが発注計画、契約管理、施工監理、品質管理等を行います。コンストラクション・マネジャーが進度管理、品質管理に関わることにより、より良い建築を工場建設投資予算内で建物を完成することができます。

CMシステムのメリット

メリット

  • プロジェクト全体の品質を確保でき、工事の合理化を図ります。
  • 工事コストの透明性、説明性を高めることができ、工事業者に対する適正な対価の支払いが期待できます。
  • 建築主の意向を反映することができ、思いに近い建物を完成できます。
  • 発注者の不足する業務を補完するこができ、工事が円滑に実施できます。

デメリット

  • 利点を理解するまでに時間がかかり、CMフィーの費用対効果が採用されるまでわかりづらく、説明が必要となります。
  • 建設予算以外にCMフィーが必要になります。
  • 最終的な判断・意思決定の責任は発注者に求められます。

料金案内 → 

お問い合わせ・資料請求はこちら

ベトナム人財ネットのホームページにお越しいただき、ありがとうございます。
お問い合わせ・ご相談、資料請求はお電話または問い合わせフォームにて受け付けております。

担当のトゥイです。
ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。

人材確保がままならないとの声が多く聞こえます。

  • 機械をもっと回したいけど、オペレーターがいないから回せない。
  • でも、どんな人でも良い訳では無い。やる気のある人が欲しい。
  • 夜勤なんて今日日、雇えない。
    というか、夜勤できる人、日本にいますか?
  • 若い子を入れたけど、少し注意したら拗ねて辞めてしまった。
  • 年配の方なら雇用できると思っていたのに、やっぱり人がいない。

どのようなお悩みのご相談でも結構です。ご相談をお待ちしております。

ベトナム人材であれば、日本に来たい! 日本で技術を学びたい! しっかり働いて国にお金を送りたい! そんな強いモチベーションの若者がたくさんいます。