CM(コンストラクション・マネジメント)とは?

CM(コンストラクション・マネジメント)
とは?

CM、(コンストラクション・マネジメント)とは
プロジェクトの工期遅延、予算超過などを防止するため、発注者、設計者と一体となってプロジェクトの全般を運営管理する方式です。

 従来は、一括発注方式が多用されており、施工に関するマネジメント業務は主に元請業者(総合工事業者)が担ってきました。発注者と工事専門業者が間接的な契約関係になります。建築主が自ら設計会社を選定します、設計会社が作成した図面を確認します。設計図面が完成した後には、見積書の確認、価格交渉、契約書の内容確認をします。
見積を査定する専門者がいないため、建築請負会社主導で決定したコストになります。

CMシステムは、建築設計の段階から、素人である建築主に代わってコンストラクション・マネジャーがプロジェクトを統括・運営するシステムです。コンストラクション・マネジャーが発注計画、契約管理、施工監理、品質管理等を行います。コンストラクション・マネジャーが進度管理、品質管理に関わることにより、より良い建築を工場建設投資予算内で建物を完成することができます。

CMシステムのメリット

CMシステムのメリット

  • プロジェクト全体の品質を確保でき、工事の合理化を図ります。
  • 工事コストの透明性、説明性を高めることができ、工事業者に対する適正な対価の支払いが期待できます。
  • 建築主の意向を反映することができ、思いに近い建物を完成できます。
  • 発注者の不足する業務を補完するこができ、工事が円滑に実施できます。

CMシステムのデメリット

  • 利点を理解するまでに時間がかかり、CMフィーの費用対効果が採用されるまでわかりづらく、説明が必要となります。
  • 建設予算以外にCMフィーが必要になります。
  • 最終的な判断・意思決定の責任は発注者に求められます。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

06-6713-6159

受付時間: 10:00~17:00(土日祝を除く)